2007年06月11日

νガンダム/コンセプト2〜全ガンダムタイプの長所を網羅せよ!

大変ご無沙汰で申し訳ありません!
久しぶりの更新です。

リ・ガズィに飽きてしまったので
ずっとやりたかったνガンダムに移ってしまいます。
唐突ですが、
今日は物語形式でお送りします(笑)。



「オクトバーめ、左腕のサーベルは固定式でいいと言ったのに」
月へ向かう小型艇「コアポッド」のコックピットで
アムロは一人愚痴をこぼした。

定期的に立ち合うことになっているモビルスーツの建造現場、
アナハイム・エレクトロニクス社は月面都市、フォン・ブラウンに
本社を構える大手兵器メーカーだ。
アムロはそこで秘密裏に、
自身が基本設計したガンダムの後継機を製作させていたのである。

今彼が乗っている「コア・ポッド」は新しいガンダムの
脱着式のコックピットにあたり、
わざわざ長距離用ブースターユニットをとりつけて
母船である「ラー・カイラム」から月への往復に使っているのも
同機のテスト飛行を兼ねてのことであった。

新しいガンダムタイプMSの建造が実現するにあたり、
アムロがアナハイム・エレクトロニクスの
オクトバー・サラン主任技師に提示した設計指針は
次のようなものであった。

「RX-78ガンダムの拡張性、
RX-178ガンダムMk-IIの汎用性、
MSN-00100百式の耐ビームコーティング、
MSZ-006Zガンダムのスピード、
MSZ-010ZZガンダムのパワー。
これら全てを採り入れた究極のガンダムを目指したい。」

さらに今回のガンダムは初のサイコミュ搭載機として、
遠隔操作可能な兵器「ファンネル」を装備することが
当初から決定していた。

アムロのパイロットとしての経験やメカニックに対する
造詣の深さをもとに、
一見極めてシンプルなMSに、
奇抜な戦術を可能にする様々なギミック、武装が盛り込まれた。

今回の立ち会いでは、
遂に完成した次世代機「νガンダム」の最終検品作業を
行なう予定であった。

(ただでさえ工程が押したというのに...。
技術屋は総じて凝り性だからな)
そう思うアムロではあったが、気分は高揚していた。

<<続く>>

次回、いよいよリノベート版νガンダムが登場!!


↓原作のνガンダムのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/19130421.html


posted by テムヤマ・レイキチ at 03:05| νガンダム/コンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。