2006年01月04日

私のイラスト制作法-4〜陰影処理

さあ、
前回作った「陰影」レイヤーにいよいよ色をつけていきます。

1.(パソコンの場合)
 ツールの「描画色を設定」から塗りたい色を選ぶわけですが、
 最初は薄いグレーを選びましょう。

 色味はブルー系を選んでおき、
 その中で適当なライトグレーをクリックします。

 (手描きの場合)
 コピックのクールグレイシリーズのN0.3、5、7あたりを用意します。

2.(パソコンの場合)
 光が右上、左上のどちらから当たっているのかを仮定します。
 今回は向かって左上からの光にします。

 当然、
 光が当たる方向とは反対側が影になるはずですから、
 塗ろうとするイラストの向かって右側面に相当する箇所を
 全てライトグレーで塗って行きます。


図1ー最初は側面の影をつける
pc2.gif
 
 この際、
 ペンタブレットを用いると大変便利です。
 私はワコム社のものを愛用しています。

 ツールの「ブラシツール」を選んで塗りたい場所にカーソルを動かし、
 タブレット本体の上でペンを動かせば良いのです。
 ペン型のマウスに筆圧感知機能が付いているものだと考えて良いでしょう。
 人によってはタブレット本体の上に紙やトレーシングペーパーを引き、
 描き味を調節したりします。

 (手描きの場合)
 クールグレイのNo.3で素早く側面を塗って行きます。
 この時に色むらがなるべく出ないよう心掛けましょう。

3.(パソコンの場合)
 次は下側に向いている面を塗って行きます。
 ツールの「描画色を設定」から、
 先程よりやや濃いめのミディアムグレーを選びましょう。

 塗ろうとしているイラストの、
 下を向いている箇所を全てこの色で塗ります。

 (手描の場合)
 クールグレイのNo.5で下側の部分を塗って行きます。

4.(パソコンの場合)
 最後にダークグレーでアーマーの裏側などの
 暗くなっている部分を塗って全体を引き締めます。
 ツールの「描画色を設定」から、
 濃いめのダークグレーを選びましょう。

 自分の絵を見て、
 一番暗い箇所はどこなのか分析して塗って行きます。

 (手描きの場合)
 クールグレイのNo.7で暗い箇所を塗って行きます。

色を付ける時には、
必ず光がどちらからあたっているのかを常に念頭に置くことが大切です。

すなわち、
光が当たっている面には手を加えず、
その反対側の陰影を塗れば良いのです。


図2ーより暗い影をいれた状態
pc3.gif
いかがですか?
立体的に見えて来たでしょう!


↓イラスト作成ツールの御紹介↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/category/1468946-1.html


posted by テムヤマ・レイキチ at 00:00| 私のイラスト制作法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。