2007年06月21日

νガンダム/決定稿〜フロントビュー

νガンダムのフロントビューです。
今回は加えて各部の説明をしたいと思います。

front-view1.gif

01.メインカメラ
  ガンダムタイプの共通項であるメインカメラだが、
  ブレードアンテナ基部から浮かせた構造にすることで
  より視界を広く確保している。

02.60mmエクスプロッシブバルカン
  口径は標準的なサイズだが、
  弾頭に強力な炸薬がしこまれており、
  着弾と同時に爆発する小型速射ミサイル砲と言える。

03.ブレードアンテナ
  ファンネルや各武装への命令伝達のみならず、
  センサーとも直結する重要なパーツである。

04.ツインアイ
  人間の目を模したカメラ。

05.背部ファンネルラック
  主にフィン・ファンネルのマウントに使用。
  リアビューにて詳細を説明。

06.胸部オプションハッチ
  胸部は作戦に応じて入れ替えが可能な
  オプションハッチになっており、
  通常形態では右側はホーミングミサイルベイ、
  左側にはサブセンサーがセットされている。

07.ショルダースラスター
  アーマーとは別構造になっていて、
  可動することによって急制動を可能とする。

08.マイクロスラスター
  小型ながら高出力なスラスターで、
  機体各部に配置されて効果的に機能する。

09.ブレストスラスター
  ガンダムタイプの特徴であるエアダクトは、
  耐弾性を考慮した結果廃止となり、
  代わりにスラスターを設けている。

10.コアポッド収納部
  ハッチの中にコアポッドを守っている。

11.ウェストスラスター
  三方向に開口したスラスター。

12.マイティマウントラッチ
  専用装備のみならず、
  連邦製以外のものまで様々な規格の武装をマウントできる。

13.腕部オプションウェポンラックA
  腕部には作戦に応じて様々なオプション装備をセットできる。
  Aタイプはマイクロファンネルと呼ばれる
  小型のサイコミュ兵器の射出ポッドである。

14.腕部オプションウェポンラックB
  Bタイプはハイメガ粒子、拡散メガ粒子、ビームキャノン、
  そしてビームサーベル機能を一括して搭載した
  マルチビームランチャーである。
  サーベルを取り外して使うことも可能である。

15.マウントラッチ
  専用シールド用のマウントラッチ。
  両腕に設けられている。

16.マイクロスラスター
  四肢の末端近くに配置することにより、
  機体制御を効果的に行なう。
  特に腕部のものはビームサーベルを斬りつける際にも
  使用される。

17.スカートスラスター
  股間に設けたスラスター

18.スカートアーマー
  νガンダムのスカートアーマーは装甲というよりも、
  高出力な可動スラスターとしての意味合いが強い。

19.ニースラスター
  膝のアーマーに設けられたスラスター。

20.レッグスラスター
  脚部の高出力スラスター。

21.アンクルスラスター
  足首のスラスター。

22.マイクロスラスター
  かかとの側面にも装備。

23.マイクロスラスター
  つま先に設けられたスラスター。


↓原作のνガンダムのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/19130421.html


posted by テムヤマ・レイキチ at 23:54| νガンダム/決定稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月14日

νガンダム/決定稿〜蘇る白いモビルスーツ

「とりあえず本体と腕部オプションウェポンラックA,Bは
整備済みです。」
オクトバーはアムロが到着するなり報告した。
先行して工場に来ていたロンド・ベルの技術士官、
チェーン・アギにさんざん工程の遅れを突かれたらしく、
その口調は言い訳じみていた。

「フィン・ファンネルはどうか?」
「あれはまだビームコーティングが終わってません。
乾燥時間も見込んであと3日は必要です。」
「3日か....。急いで欲しい。ネオ・ジオンの作戦展開は迅速だ。
実戦に間に合わなければ、
どんなに優れた兵器も意味がないのだぞ?」
無理を承知でそう言うと、
アムロはオクトバー、チェーンの二人を伴って
νガンダムがそびえ立つ工場へと向かった。


newgundam2.gif

RX-93 νガンダム

頭頂高:22.0m
本体重量:27.9t(全備63t)
ジェネレータ出力:4,250kw
センサー有効半径:21,500m
装甲材質:ガンダリウム”ν”+アンチビームコーティング
スラスター総推力:178,000kg
武装:60mmエクスプロッシブ・バルカンx2
   ビームサーベル/キャノンx2
   胸部オプションハッチ(ホーミングミサイルベイx1)
   腕部オプションウェポンラックA(マイクロファンネルx4)
   腕部オプションウェポンラックB(マルチビームランチャーx1)
   ビームライフルx1
   バズーカランチャーx1
   シールド(ミサイルx4,ビームキャノンx1)
   フィン・ファンネルx6

ニュータイプのひな形として知られる地球連邦軍所属、
ロンド・ベル隊のアムロ・レイ大尉と
アナハイム・エレクトロニクスのコラボレーションによって生まれた
究極のガンダムタイプMS、それがνガンダムである。
歴代ガンダムの長所を採り入れつつ、
最新型サイコミュ「サイコフレーム」の
搭載をも盛り込んだハイエンドマシンである。

本機はMS形態からの簡易的な変形により大気圏の突入、突破を行なう
ウェーブライダー機能を搭載、
コックピットブロックは「コアポッド」と呼ばれる小型艇として
本体との脱着が可能である。

各武装はサイコミュとの連動により、
機体から離れた状態であっても敵機の迎撃を続行し、
なかでも遠隔操作兵器ファンネルは、
腕部オプションウェポンラックに装備された小型の
「マイクロファンネル」と、
背部ランドセルに装備される大型の「フィン・ファンネル」の
2種類が用意されている。
特に「フィン・ファンネル」は
高出力なメガ粒子砲としてのみならず、
ビームバリアーを発生させることも出来る攻防一体の新兵器だ。


「ロンド・ベルカラー、似合いますね。」
そう言うチェーンの言葉を耳にしながら、
アムロは整備の済んだνガンダムを見上げていた。
白と濃紺に塗り分けられた精悍な機体は、
アナハイムの傑作機、Zガンダム系よりもどちらかというと
初代ガンダムを彷佛とさせるシンプルなシルエットに見えた。
だが今までのどのガンダムタイプよりも力強く、それでいて流麗で、
内に秘めたポテンシャルの高さを感じさせる姿であった。

「各部のチェックだ。頼む。」
アムロはオクトバーを促した。

<<<続く>>>


↓原作のνガンダムのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/19130421.html

posted by テムヤマ・レイキチ at 17:16| νガンダム/決定稿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

νガンダム/コンセプト2〜全ガンダムタイプの長所を網羅せよ!

大変ご無沙汰で申し訳ありません!
久しぶりの更新です。

リ・ガズィに飽きてしまったので
ずっとやりたかったνガンダムに移ってしまいます。
唐突ですが、
今日は物語形式でお送りします(笑)。



「オクトバーめ、左腕のサーベルは固定式でいいと言ったのに」
月へ向かう小型艇「コアポッド」のコックピットで
アムロは一人愚痴をこぼした。

定期的に立ち合うことになっているモビルスーツの建造現場、
アナハイム・エレクトロニクス社は月面都市、フォン・ブラウンに
本社を構える大手兵器メーカーだ。
アムロはそこで秘密裏に、
自身が基本設計したガンダムの後継機を製作させていたのである。

今彼が乗っている「コア・ポッド」は新しいガンダムの
脱着式のコックピットにあたり、
わざわざ長距離用ブースターユニットをとりつけて
母船である「ラー・カイラム」から月への往復に使っているのも
同機のテスト飛行を兼ねてのことであった。

新しいガンダムタイプMSの建造が実現するにあたり、
アムロがアナハイム・エレクトロニクスの
オクトバー・サラン主任技師に提示した設計指針は
次のようなものであった。

「RX-78ガンダムの拡張性、
RX-178ガンダムMk-IIの汎用性、
MSN-00100百式の耐ビームコーティング、
MSZ-006Zガンダムのスピード、
MSZ-010ZZガンダムのパワー。
これら全てを採り入れた究極のガンダムを目指したい。」

さらに今回のガンダムは初のサイコミュ搭載機として、
遠隔操作可能な兵器「ファンネル」を装備することが
当初から決定していた。

アムロのパイロットとしての経験やメカニックに対する
造詣の深さをもとに、
一見極めてシンプルなMSに、
奇抜な戦術を可能にする様々なギミック、武装が盛り込まれた。

今回の立ち会いでは、
遂に完成した次世代機「νガンダム」の最終検品作業を
行なう予定であった。

(ただでさえ工程が押したというのに...。
技術屋は総じて凝り性だからな)
そう思うアムロではあったが、気分は高揚していた。

<<続く>>

次回、いよいよリノベート版νガンダムが登場!!


↓原作のνガンダムのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/19130421.html
posted by テムヤマ・レイキチ at 03:05| νガンダム/コンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。