2006年03月29日

ディジェ/脚部〜陰影処理

ざっくり影を付けてみました。

dijeh-leg2-2.gif

スラスターを増設したので、
宇宙空間でも高機動なのではないかと思います。

次回はいよいよ最後のパーツ、
グライバインダーに移ります。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html


posted by テムヤマ・レイキチ at 14:07| ディジェ/脚部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディジェ/脚部〜フィニッシュ

脚部ブラッシュアップです。

dijeh-leg2.gif

ふくらはぎのラインが結構気に入っています。
外側のスソは広がっていて、
スラスターを内装しています。(下図)

dijeh-leg3.gif

リック・ディアスやオリジナル・ディジェと比べて
かなりスマートで足長になりました。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html
posted by テムヤマ・レイキチ at 13:51| ディジェ/脚部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディジェ/脚部〜ラフスケッチ

腿から足にかけてのラインです。

dijeh-leg1.gif

リック・ディアスの脚部をガンダム的にアレンジしたというところです。

A.腿
  この部分は意匠的に腕と同じにしています。
  
B.膝アーマー
  アポジモーターを埋設してあります。

C.ふくらはぎ
  左右にスラスターを配しています。
  主に垂直方向への推力です。

D.つま先
  つま先は可動式にして、
  跳躍や立て膝をついたりといったアクションを助けます。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html
posted by テムヤマ・レイキチ at 13:43| ディジェ/脚部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディジェ/腰部〜フィニッシュ

腰のブラッシュアップです。

dijeh-koshi2.gif

フロントアーマーにある4つの穴は煙幕の噴射口です。
(またはミノフスキー粒子)

サイドアーマーにはマウントラッチを付けませんでした。
前方にある丸穴がアポジモーターです。

武器はスカート背面に取り付けることにしましたが、
まだそのスケッチは作成してません。
スカート裏面は高出力スラスターです。

次回から脚部に移ります。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html

posted by テムヤマ・レイキチ at 13:32| ディジェ/腰部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

ディジェ/腰部〜ラフスケッチ

ディジェの腰です。

腰まわりはほとんどリック・ディアスです。

dijeh-koshi.gif

A.フロントアーマー基部
 この部分はリック・ディアスやZガンダムのような、
 下部が尖った三角形のシルエットです。

B.フロントアーマー
 側面に向かって切れ上がる、
 オーソドックスな形状です。

C.サイドアーマー
 アポジモーターとマウントラッチを付けたいと考えています。

D.リアアーマー
 この部分はゲルググのようにアーマーの裏にアポジモーターを、
 表にはビームピストル(ライフル?)などの武器を
 マウントさせようと思います。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html



posted by テムヤマ・レイキチ at 11:50| ディジェ/腰部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

νガンダム/コンセプト〜「究極のガンダム」としてのνガンダム

Zガンダム、ZZガンダムと、
華美なデザインが主流だった当時のMSデザインに
一石を投じたのが「νガンダム」でした。

曲線を適度に用い、
装甲は分厚い印象でありながらシルエットはスマート。
初代ガンダムに回帰したということでしょう。

ただこのνガンダム、
デザイナーである出淵氏の設定画のバランスを少しでも変えてしまうと、
全く別物に見えてしまうのです。

出淵氏の設定画では、
肩アーマー、スカートアーマーが大きめで、
シンプルな中にも力強い印象を受けるのですが、
最近の立体模型、
特にマスターグレードのνガンダムでは、
意図的にそのバランスを逆に(肩、スカート小さめ)している為、
華奢で、頭でっかちに見えてしまいます。

同じカトキ氏プロデュースでも、
GFFのνガンダムの方は肩が大きく、
小顔になった為にとても精悍な印象です。

このように、
νガンダムのデザインはシンプルであるにも関わらず、
各部の大きさが実に絶妙な均衡を保っており、
非常に難しいデザインと言えるでしょう。

さて、
現デザインについてはこのぐらいにして、
設定上、
納得いかない点が多い(笑)
この「νガンダム」を大胆にリノベートしてみたいと思います!

問題点は、

1.「いままでのガンダム(初代からZZ)の最大公約数的な設計」とあるが、
  その結果スペック的に最大級のZZよりも劣ってしまっている。
  (部分的にはZよりも劣る。)
2. 他のガンダム系MSで可能だった利点が殆どオミットされている。
  例. コアブロックシステム(初代、ZZ)、
   大気圏突入機能(初代、Z)、
   変形(Z,ZZ)、
   ビームライフル・サーベル(Z)、
   サーベル・キャノン(ZZ)、
   マウントラッチ(MK-II,Z)


などでしょうか。

合体しろとは言いませんが、
せめてコア・ポッドによる脱出機構、
大気圏突入機能ぐらいは付けておいてもバチは当たらないのでは?
密かにウェーブライダー、
もしくは「マスドライバー射出形態」への変形も
盛り込んでしまおうかと考えています。

武装についても、
ファンネル以外は初代と全く同じラインナップで、
ビームライフルを機体にマウントできないなんて不便そうです。

これらのポイントをいろいろ導入しすぎると
本来のνガンダムが持つシンプルな魅力を損ねてしまうので、
適度に加減しながらリノベートして行きたいと思います。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html





posted by テムヤマ・レイキチ at 15:08| νガンダム/コンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リ・ガズィ/コンセプト〜Zの量産機ではなく、後継機としてのリ・ガズィ

「逆襲のシャア」は、
中学1年の春休みに友達と見に行きました。

その当時の私から見ても、
変形をせずにバックウェポンシステムを使い捨てで用いる
リ・ガズィの戦法に大きな疑問がありました。

何より勿体無い(笑)!
宇宙のゴミを増やすな!

(でも映画を見直すと、
冒頭のサザビー、ヤクト・ドーガとの戦闘のあと、
ラー・カイラムの艦橋に取り付いたリ・ガズィの左下に
BWSが帰ってきている?
どうやって?
パイロットが乗り込んでいるのでしょうか。)

という訳で、

リノベート第2弾は「リ・ガズィ」です。

方向性は、

1.変形はさせる。ただし簡易変形で済ませること。
2.主にバックパック(フライングアーマー)のデザインを変更する。


といったところでしょうか。

いずれにしろ、
Zの系譜に恥じない機体にしたいと考えています。


↓原作のリ・ガズィのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/19130001.html

↓原作のZガンダムのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/64088393.html




posted by テムヤマ・レイキチ at 14:12| リ・ガズィ/コンセプト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

ディジェ/腕部のデザイン〜陰影処理

ディジェ腕部、
例によって陰影を付けてみました。

dijeh-arm4.gif

手はリック・ディアスに比べて小さめで、
ガンダム系のバランスにしています。
親指の付け根は球体間接っぽくしています。

腕部は完了としましょう。
次回は腰まわりのデザインに入って行きます。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html
posted by テムヤマ・レイキチ at 12:08| ディジェ/腕部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディジェ/腕部のデザイン〜フィニッシュ

腕部、ブラッシュアップです。

dijeh-arm3.gif

肩のデザインはリック・ディアスやディジェとは全く異なり、
自由にやってみました。
前面の四角い穴はマウントラッチです。
背面にも同じものがあり、
ディジェのように肩にシールドを付けたりしようかなと考えています。

前腕はリック・ディアス、百式を混ぜたような設計で、
より堅牢な感じになっています。
前腕側面にもマウントラッチがあります。

手首は自由にスナップが効くようにしています。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html
posted by テムヤマ・レイキチ at 12:00| ディジェ/腕部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

ディジェ/腕部のデザイン〜可動箇所についての提案

腕の間接についての補足です。

最近のガンプラは既に、
肘の二重間接によって180度回転を実現していますね。

しかしとりわけシールドを前腕に取り付けるタイプのMSについて言えるのですが、
腕を曲げるとシールドは前腕の下の位置になってしまい、
これを横に移動させる為に
シールド自体のマウントパーツを可動式にする方式が採られています。

これではシールドに着弾した際に、
脆弱なマウントパーツが破損するか、
シールドが保持されないためにMS本体に着弾の被害が及ぶ可能性があります。

それらを踏まえて私は、
人間同様、前腕を回転する為の間接を加えることを提案します。

msr-arm2.gif

前腕が回転すれば、
シールドに複雑な可動箇所を設ける必要もなく、
またポージングの幅も広がるのではないかと思います。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html
posted by テムヤマ・レイキチ at 12:53| ディジェ/腕部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディジェ/腕部のデザイン〜ラフスケッチ

ディジェの肩から腕にかけてのラフスケッチです。

dijeh-arm1.gif

A.肩部装甲

  サイドに高出力のアポジモーターが有り、
  横方向への回避運動に貢献します。
  前面にはシールドなどの為のマウントラッチ(半円状の段差部分)があります。

B.上腕部
D.前腕部

  これらの部位はリック・ディアス百式に近いデザインです。

C.間接部分

  この部位に関しては、
  ガンプラでは既に一般化している二重間接に加えて、
  前腕部が独立して回転できるようにしようと思います。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html
  

posted by テムヤマ・レイキチ at 11:28| ディジェ/腕部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

ディジェ/胴体のデザイン〜陰影をつけてみる

前回の線画だけですと
立体感がつかみづらいかと思いましたので、
陰影を付けた補足のスケッチです。

dijeh-body4.gif

胴体、
この辺で完成とします。
次回は肩、腕まわりに入りたいと思います。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html
posted by テムヤマ・レイキチ at 11:48| ディジェ/胴体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディジェ/胴体のデザイン〜フィニッシュ

胴体、ブラッシュアップです。

dijeh-body2.gif

前回のラフに比べ、
胸部装甲、コックピットハッチなどがより丸みを帯びています。
ハッチはZガンダムとは逆に下へ開いた方が、
パイロットの足場になって良いでしょう。

コックピットは腹部装甲とセパレートしているイメージです。
これによって腹部の可動範囲を広げようという思惑です。
オリジナル・ディジェは腰の回転すらしないデザインでした。
あれはあれでカッコイイのですが....。

dijeh-body3.gif

横から見ると、
リック・ディアスより胸板は薄くなっています。
地球上での運用を考えると、
大幅に軽量化する必要があると思えます。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html
posted by テムヤマ・レイキチ at 11:30| ディジェ/胴体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ディジェ/胴体のデザイン〜ラフスケッチ

さて今回から胴体に着手します。

オリジナル・ディジェは胸にダクトのあるガンダムっぽい造作でした。
しかし私のリノベート版では、
リック・ディアスの設計を採り入れたいと考えています。

リック・ディアスや百式は胸部にダクトの無い作りになっていますが、
私はこちらのほうが理に適っていると思います。
体の前面に装甲の薄い(=防御力の低い)箇所を設けるリスクは非常に大きいでしょう。

dijeh-body1.gif
 
A. 胸部の装甲
  リック・ディアスのように一枚で成型されています。
  当然、継ぎ目も無いので剛性が高いと言えます。
  丸みを付けてジオン系のテイストも出してみました。

B. コックピットハッチ
  私のリノベート版ではコックピットは腹部に移しました。
  乗降の便と、頭部デザインの変更のよるものです。

C. 腹部、背中の装甲
  ドダイに乗って行動することの多いディジェの為に、
  人間のように背中を丸めたり、
  上体をそらしたりできるように装甲はいくつかに分割されていて、
  その隙間の後ろにはムーバブルフレームを守る別の装甲板があります。
  少しドムの腹部を匂わせたつもりですが、どうでしょう?

D. 肩ジョイント部
  肩の可動範囲を増やす為、
  胴体と肩の間に新たにパーツを追加しました。
  脇の位置にはアポジモーターを付けています。


↓原作のディジェのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460118.html

↓原作のリック・ディアスのモデル一覧↓
http://mobilesuitrenovation.seesaa.net/article/17460410.html
posted by テムヤマ・レイキチ at 11:14| ディジェ/胴体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。